脱走をしたミミズクの最期があまりにも悲しすぎました

自宅から逃げ出してしまったミミズクを捕獲しようと、連日ニュースでも話題になっていました。

しかし結末はあまりにも悲しくて、車にぶつかって亡くなってしまったとのこと。

こんな最期ってあるでしょうか?

飼い主を責める人もいるでしょう。

管理ができていなかったから自業自得だって言う人もいます。

でも脱走をしてしまったのだから時間は戻せません。

飼い主もこんなに悲しい帰宅になってしまって、ガッカリしていると思いますし、悲しいと思います。

飼い主の気持ちを考えると胸が締め付けられます。

好きで出してしまったわけではありません。

捕獲しようと努力もしたわけですから。

ミミズクも普段の生活と違う環境になってしまって、驚いたと思います。

多分、どうしたらいいのか分からなかったんでしょう。

猫を飼っているので、飼い主の不安や心配はよく分かります。

ペットと言いますが、大事な家族ですから思う気持ちは強いです。

そんな大事な家族がいない人には所詮分からない感情なんだなと思います。ベルタ酵素ドリンク 授乳中