地区経済のことなどについて学習をしていました

場所金融について演習しました。国家と場所をあわせて940兆円くらいの累積損害があるそうです。こういう住居場所の累積損害は200兆円にのぼり、場所贈与租税や国庫需要費用で国家から金融支援を受けている。場所贈与租税は、給与租税・酒税の32%、法人租税の34%、出費租税の29.5%、煙草租税の25%の値段をおもに地方自治体の金融感情に応じて交付されるそうです。使い道は、地方自治体が自主的に決定できます。使い道を指定して交付される国庫需要費用とは、ことなるそうです。かつては、場所が必要としている財源の中で、自主財源は平均すると約3割しか無く三割自治といわれたそうです。現在でも、婦警・消防・教育・診断などの公共サービスを提供する財源が、すでに税収ではまかないきれない地方自治体もあるそうです。政府は場所贈与租税の進歩、国庫需要費用の減額、税源の移譲を同時に繰り広げる三位一体の進化を進めました。知らない触れ込みが様々出てきましたが、勉強になりました。http://www.silverconcierge.co/