自分にとって謎の地青森県と秋田県について調べてみた 

東北地方といっても幅広いですが、その中でも北東北は自分にとっては縁もゆかりもなく同じ日本であっても謎の地です。
色々ウワサ話を聞きますが、その中でも青森県は秘境すぎて逆に興味があります。
青森といえば一般的なイメージはりんごとかねぶた祭りですが、自分にとってはそれ以外にイメージが浮かびません。
青森出身の友人も親戚もおらず、自分にとっては謎の地です。
冬の気象条件が厳しいため平均年収も低く高齢化率も高いと効きます。
自分にとっては身近なJリーグのサッカークラブもありません。
とりあえずとっつきやすいところから調べてみようと鉄道について調べてみたら、青い森鉄道とか弘南鉄道というローカル線があるようです。
ローカル線に乗ってぼんやりするのは好きなので、仮に青森に行く機会があったらこのどちらかの路線に乗ってみたいと思います。
秋田も行ったことがない謎の県です。
秋田も青森と同じく冬の気象条件が厳しく高齢化率も高いと聞きます。
こちらも自分とは縁のない謎の土地なので色々調べてみたら鉄道で秋田内陸縦貫鉄道というのがありました。
その名前のとおり秋田を縦に貫くように通っている鉄道です。
路線図を調べてみたら聞いたこともないような駅名が多数並んでいるのですが、その中でも「阿仁マタギ」という駅名が一段とインパクトがあって目を惹きました。
マ、マタギ?
マタギとはあの熊を退治する猟師のことか?
それが駅名に含まれてるとは・・・・・と驚きました。
他ではありえない駅名にがぜん興味が出てきました。
自分が縁もゆかりもない県は同じ日本であるにも関わらずビックリするような発見があったりします。
青森や秋田だけでなく、他の県でもきっとこういった現象がまだまだあることでしょう。http://www.traumapal.org/