棚が欲しくてたまらないのを忘れさせるたい焼き

子供が本棚を買って欲しいというので、ホームセンターへ行きました。
思ったとおり、休日なので人が多くて混んでいます。
人混みは苦手ですが、仕方なく家具売り場まで行きます。
家具売り場は店のいちばん奥にあります。
ずっと奥に棚が並んでいます。
どれがいいの?と子供に聞くと「あれがいい」とかなり大きめの棚を指さしています。
あれはデカ過ぎるでしょ。
そんなに並べる本無いでしょと言い聞かせますが、どうしてもあの大きいのが欲しいと言います。
とりあえず、1回よく考えよう、お外のたい焼き屋さんでたい焼きを食べてから考えようと言って外へ連れ出しました。
たい焼きを食べているうちに棚のことを忘れてくれないかな?と思いました。
たい焼きを選ばせて、カスタードパイたい焼きをゆっくり食べさせると「はぁ?、美味しかった、帰ろう」と言いだしたので、ラッキーと思いハイハイ帰ろうね?と何も無かったかのように車に乗せて帰りました。
主人はその様子を見て、なんだかかわいそうだな?とつぶやいていました。
そんなことはない、これも子育てをスムーズにするひとつの方法だと言いました。お金借りる 金利安いキャッシング